Sponsored link

Amazonの本を新品→ほぼ新品にすると売行きはどう変化するのか?

今回のAmazonの規制変更で感じた最も警戒すべき従いたくても従えない問題
↑画像タップで他の「せどり」ブログを検索↑

Sponsored link

本・CDの新品ガイドライン変更

どもっ、きくしです(^^ゞ

アマゾンセラーの方はご存知だと思いますが…

▼参考リンク
Amazonがメディア商品(書籍・CD)の新品コンディションガイドライン規約を変更 内容と対応策は?

Amazonのメディア商品に関する新品コンディションのガイドライン規約が変更されました。

詳しくは、上記リンク先から確認してもらえればと思いますが、地味に大変ですよね(汗

Amazon倉庫から帰ってきた本達

自分は新品の本を割と多めに取り扱っていたので…

Amazonから新品→ほぼ新品で再出品すべき大量の本が返送されてきた…

全部で148冊の本が返送されてきましたよ(汗

本メインで運営してた人は、こんなレベルじゃないのかな?

だとすれば、軽く死活問題レベルなんじゃないかなと…。

コンディション変化で売行きは落ちる?

対策としては、基本的に「新品コンディション」から「ほぼ新品コンディション」に格下げしての販売となるわけですが、これは間違いなく売行きに影響を及ぼすと考えます。

まず、購入者の大半はAmazonのコンディションガイドを完全には把握しておらず、「新品」が欲しい人は例え新品と同等の物だとしても「ほぼ新品」という商品を買いたいとは思わないはずです。

みんながそうじゃないにしても、一定数はそう思うでしょう。

また、他のセラーも条件は同じなので、売行きは変わらないとの意見も目にしましたが、今回の規約変更のルールに従わず(知らないだけのセラーも含む)、変わらず新品コンディションで出品し続けるセラーも必ず居るので、単純にココには勝てないと思います。

現状、新品コンディションで出品できないはずの【Amazon.co.jp限定】の商品なども、新品コンデションで出品しているセラーも沢山いますからね(汗

しかも、Amazon自体も今回の規約変更に関しては乗り気じゃないと推測できるので、早急な対応はしてこないんじゃないのかと。

となると、知ってか知らずかは別としてルールを無視して新品コンデションでの販売を続けるセラーが勝つという不条理が続くと思われます。

それでも基本的には販路のルールには従うべきってのが自分の考えです。

この辺は考え方や運営方針によって変わってくると思いますが、どちらにしても後悔のないように意思決定をやっていくべきだと思います。

今回の規約変更に限らず、配送料の問題や手数料の問題などで頭を悩ませてる人も少なくないと思いますが、身を引くという選択肢も含めて最良の道を進んでいってほしいと願っています。

何か疑問、質問などあれば、お気軽にいただければと思います。

20180605 kikushi. 44.


↓1日1ポチで応援お願い致しますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

コメントを残す

このページの先頭へ