Sponsored link

Amazonは厳しいだけじゃない!FBA販売手数料割引キャンペーン

Amazonは厳しいだけじゃない!FBA販売手数料割引キャンペーン
↑画像クリックでブログ村にジャンプ↑

2016年の厳しい印象から一転

どもっ、きくしです(^^ゞ

2016年はAmazonの度重なる規制によって、頭を悩ませた人が多いんじゃないでしょうか?

▼参考リンク
「Amazonせどり」のリスク?多発する出品規制への対応について
またまたAmazonが出品規制?大手家電メーカーの大半が対象…
ファッションカテゴリーにも出品規制!Amazon変革期に突入か?

当ブログでも、いくつか記事にしてきましたが、自分も気が気じゃなかったってのが正直な気持ちでした^^;

まぁ、蓋を開けてみると、そこまで影響がなかったわけですが「Amazonせどり」に対する不安感というのは増す一方って感じ…。

「セラーの代えは、いくらでも居る」というのがAmazonの思考なのでは?とさえ思いました。

そんなAmazonの厳しさが多く見えた2016年でしたが、かなり前向きなニュースが飛び込んできましたね^^

食品&消費財関連カテゴリーの手数料を割引

一言で言うと…

「FBA利用で食品&消費財関連カテゴリーの販売手数料率が7.5%に」

というもの。

これはデカい!!

しかも期間は2017年2月1日~2017年12月31日まで。

今日から早くも適用されていて、11ヶ月間の長期キャンペーンとなっているようです^^

対象カテゴリー&販売手数料と適用条件

具体的な対象カテゴリーと販売手数料の変化は下記の通り。

対象カテゴリーと販売手数料の比較

商品カテゴリー 販売手数料
ドラッグストア 10%→7.5%
ビューティー 20%→7.5%
食品&飲料(お酒以外) 10%→7.5%
お酒 10%→7.5%
ペット用品 15%→7.5%
ベビー&マタニティ 15%→7.5%

※ドラッグストア→旧ヘルス&ビューティー
※ビューティー→旧コスメ
※お酒の発泡酒・ビールは対象外(6.5%)

引用:FBA利用で販売手数料割引キャンペーン

自分も「ドラッグストア」と「食品」カテゴリーは割と多く扱ってるので、それなりの恩恵は受けられそうです。

また、個人的には「ビューティー」カテゴリーがチャンスかなといった印象。

過去に「ビューティー」カテゴリーは、手数料の問題で仕入れなかった商品がいくつかありますからね。

キャンペーンの適用条件は下記の2つとなっています。

キャンペーンの適用条件

①FBAで注文された商品であること。(出品者から購入者への出荷分は対象外)

②ドラッグストア・ビューティー・食品&飲料・お酒(ビール・発泡酒は除く)・ペット用品・ベビー&マタニティ用品のカテゴリーで販売された商品であること。

引用:FBA利用で販売手数料割引キャンペーン

ボーナスは素直に受け取りましょう

このキャンペーンの意図としては、FBA利用の優位性を高めたいってところでしょうか。

条件がFBAを利用すれば良いってことなので、なかなか一人勝ちとはいかないでしょう。

手数料が下がった分、値下げをするセラーさんも居るでしょうから…。

ただ、前向きな案件ってのは変わりありません。

該当カテゴリーの解除申請を行ってない人は、これを機に動いた方が良いと思います。

こういうボーナス的なキャンペーンの恩恵は、しっかりと手にしたいところですからね^^

20170201 kikushi. 66.


▼ランキングサイトに参加してます▼
1日1回の応援ポチが記事更新の励みですm(__)m

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

コメントを残す

このページの先頭へ