Sponsored link

改悪点も要チェック!FBA長期在庫保管手数料の料金体系が変更

改悪点も要チェック!FBA在庫保管手数料の料金体系が変更
↑画像クリックでブログ村にジャンプ↑

激しいAmazonの動向

どもっ、きくしです。

2月に入って「Amazonせどり」において、前向きなキャンペーンが2つ開催され始めました。

▼参考リンク
Amazonは厳しいだけじゃない!FBA販売手数料割引キャンペーン
更なる追い風が吹く!FBA納品時の配送料無料キャンペーン

我々セラーにとっては、どちらの喜ばしいキャンペーンで、その恩恵を強く感じてる人も多いと思います。

去年の年末は…

▼参考リンク
「Amazonせどり」のリスク?多発する出品規制への対応について
またまたAmazonが出品規制?大手家電メーカーの大半が対象…
ファッションカテゴリーにも出品規制!Amazon変革期に突入か?

立て続けに規制が入って、不安な気持ちを抱かされたので、余計に嬉しく感じましたね。

そんな喜ばしい改善の裏で…

FBA在庫保管手数料の料金体系が変更されるというのは、ご存知でしょうか?

FBA在庫保管手数料の料金体系が変更

フルフィルメントセンターに長期間に渡って売れ残った在庫を整理するという名目で、在庫保管手数料の料金体系が変更されるようです。

変更点は下記の2つ。

FBA在庫保管手数料の変更

■180日間保管されている在庫に対する在庫保管手数料

2017年8月15日の在庫一掃チェックより、Amazonフルフィルメントセンター内に180日以上保管されている在庫については、半年ごとの長期在庫保管手数料として、1,000立方センチ(10cmx10cmx10cm)あたり87.4285 円が課金されます。

また、これまで通りフルフィルメントセンターに365日以上に保管されている在庫に対しては、長期在庫保管手数料として、1,000立方センチ(10cmx10cmx10cm)あたり174.857円が課金されます。

■「各ASINごとに在庫1点の課金を免除」するルールの廃止

これまでは、長期在庫保管手数料の対象となる各ASINの在庫のうち、1点は課金が免除されてきました。

しかし、2017年8月15日の在庫一掃チェックより、この免除制度は廃止となります。

引用:FBA 在庫保管手数料に関する重要なお知らせ

具体的には、これまでの「365日を超えて保管されている在庫に対する長期在庫保管手数料」に加えて、「180日を超えて保管されている在庫に対する長期在庫保管手数料」の課金が開始されるというもの。

分かりやすく言うと、半年以内に売れるモノだけを納品しろということですね。

もう1点は、「各ASINごとに在庫1点の課金を免除」するルールの廃止というもの。

これは、例え1点でも売れないモノは必要ないって感じ。

どれだけ品揃えが良くても、やはり売れないモノは悪ってことでしょう。

2歩進んで1歩下がる?

まぁ、我々にとって改悪であることは間違いないですが、Amazon側の立場で考えると仕方ないかなと…。

自分ぐらいの規模でやってる人にとっては、あまり影響はないでしょうしね。

先のキャンペーンを含めて考えると、2歩進んで1歩下がったって感じでしょうか。

どちらにしても、これからもAmazonのルール改定というのは、幾度となく行われるでしょう。

この辺はAmazonという母体の健全化を維持する為に、必要なものなんだと言い聞かせるしかありません。

文句を言っても何も始まらない。

立場上、受け入れるしかないので、しっかりと対応して乗り越えていきたいですね。

20170211 kikushi. 68.


▼ランキングサイトに参加してます▼
1日1回の応援ポチが記事更新の励みですm(__)m

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

コメントを残す

このページの先頭へ