Sponsored link

そりゃそうだ…FBA納品配送料無料キャンペーンの弊害について

そりゃそうだ…FBA納品配送料無料キャンペーンの弊害について
↑画像クリックでブログ村にジャンプ↑

当然の展開といったところでしょうか…

どもっ、きくしです。

2月から始まりAmazon様様と感じた「FBA納品時の配送料無料キャンペーン」。

多くのセラーさんが、その恩恵を素直に喜んだことでしょう。

当然、自分もテンション上がってました。

▼参考リンク
更なる追い風が吹く!FBA納品時の配送料無料キャンペーン

ですが、早くも着荷遅延が発生しているようです^^;

対象は全ての倉庫で、なかなか改善の兆しが見えないって感じ…。

ヤマト便使用時と違って、商品を溜めずにサクサク納品できて良い感じだったんですけどねー。

残念です…。

影響が派生しなければ良いんですが…

ただ、ここまでは想定の範囲内といったところ。

この遅延を考慮しても、無料という恩恵は大きいです。

問題は、この先の展開。

自分が懸念してるのは「日本郵便配達員の質や意識の低下」です。

今回のキャンペーンで確実に日本郵便配達員の仕事量は増えたでしょう。

単純に人員を増加するのなら、一気に素人が増えることが考えられますね。

また、忙しくなって給料に反映されれば良いんですが、大幅な増額というのは考えにくい。

そうなると、不満が溜まって仕事への意識が低下するという可能性も少なくないと思います。

去年の年末に記事にしましたが…

▼参考リンク
佐川急便の配達員のストレス…物販に携わる人間として楽観視できない…

加速するネットショップの繁栄のシワ寄せが、配送会社の配達員にいってるのは間違いない事実。

いくらストレスが溜まったからといって、大事な商品を雑に扱われては困ります。

個人レベルで出来ることは少ないかもしれませんが、とりあえず配達員への配慮ってのは気を使ってやっていこうと思います。

具体的な配達員への配慮

具体的な配慮としては…

・しっかりとした対応(挨拶)をする

・なるべくスムーズな受け渡しを意識する

・缶コーヒーなどの差し入れを渡す

この辺でしょうかね。

対応については当たり前ですが、商品の受け渡し時に「こんにちは」とか「宜しくお願いします」ぐらいの言葉はかけた方が良いと思います。

受け渡しについては、例えば自分はキャリアパートナーを使うようになって「左上の控え」には切込みを入れて、すぐに切り離せるようにしています。

毎回ではないにしろ、たまには感謝の気持ちを込めて飲み物の差し入れをしたりするのも有効的かもしれません。

他にも配慮の方法は色々あると思いますが、なるべく互いに気持ちの良い付き合いができるように考えると良いでしょうね^^

20170215 kikushi. 50.


▼ランキングサイトに参加してます▼
1日1回の応援ポチが記事更新の励みですm(__)m

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

2 件のコメント “そりゃそうだ…FBA納品配送料無料キャンペーンの弊害について”

  1. pex より:

    はじめまして、
    ランキングからご近所訪問させていただきました。

    確かに今は郵便局への一極依存の状態が、
    一時的にできてしまっているので気遣いは大事ですね^^
    特約の審査もなかなか厳しい目みたいですね。

    • きくし より:

      pexさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます^^

      やっぱり人間相手なので気遣い1つで、対応は変わってくると思います。
      今は配送料が無料ということもあるので、安いですが缶コーヒーを差し入れてますよw

      自分は特約結んでないんで、そろそろ動かなきゃと思ってます^^;

      またの訪問お待ちしてますー。

コメントを残す

このページの先頭へ