Sponsored link

人気アパレル店のオーナーは服に興味がない?妙に納得した話

人気アパレル店のオーナーは服に興味がない?妙に納得した話
↑画像クリックでブログ村へ

服屋は仕入れる服をどう決める?

どもっ、きくしです(^^ゞ

先日、ストリート系のアパレルショップを経営する友人と会った時に、妙に納得する話が聞けたので紹介します。

友人のショップがある地域で最も人気を持つショップの話。

そのショップのオーナーなんですが、実は洋服に対しての流行りに敏感ではないとのこと。

もっと言えば洋服に対しての執着や情熱がないって感じ。

にも拘らず、地域で最も人気を博すショップを経営していると…。

そこで自分が気になったのは仕入れの基準。

話を聞いてみると、人気雑誌の目立つ位置に掲載された服を中心に仕入れてるようでした。

知識は先入観となり、時に邪魔な存在に…

この話を聞いて自分は妙に納得しました。

理由は、自分の仕入れ基準に近いと感じたから。

人気雑誌の目立つ位置に掲載されるってことは、その人気雑誌の御眼鏡に適ったってことですよね。

当然、人気雑誌に載せる服を決める人達は、その道のプロであるはず。

だとするのなら、わざわざ自らの知識で仕入れる服を選出するよりも、ある意味で確実性のある結果が出せる可能性は高いと思います。

例えるなら、まったく知識も興味もない商品をモノレートの波形のみを見て仕入れるって感じでしょうか。

同じように、「せどらー」にとっては定番とも言える「マツコ・デラックス」さんが評価した商品や、「アメトーーク!」で取り上げられた話題の関連商品、「人気ユーチューバー」が扱った商品なども、自らの意志で仕入れるというよりは人任せですからね。

アパレルショップを経営していて、服に対しての知識が乏しいと聞くと、普通はデメリットでしかないと思うでしょう。

ただ、知識というのは先入観を生みます。

知識が深ければ深いほど、自らの力を過信しがちです。

もちろん、最終的な判断は自らの意志で決めるべきですし、その結果に対する責任は自らで負うべきです。

ただし、「主観」や「私情」や「先入観」などといった感情は、「せどり」においては時に邪魔な存在になると感じています。

必要以上に謙遜し過ぎる必要はないと思いますが、「売れる商品が分かる」とか「先見の明がある」などといった勘違いはしないように注意が必要だと思います!!

これからも自分はモノレートなどで得たデータに基づいて仕入れを行うつもりです。

前に書いた…

▼参考リンク
プロになるな!妻の言った言葉と「せどり」が優秀な理由

この記事にも通ずる部分がありますね(^^ゞ 

20161117 kikushi. 63.


↓1日1ポチで応援お願い致しますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

コメントを残す

このページの先頭へ