Sponsored link

「取れる店舗」と「取れた店舗」は違う!情報発信者の罠に注意

「取れる店舗」と「取れた店舗」は違う!情報発信者の罠に注意
↑画像クリックでブログ村へ

情報の真偽を見極めましょう!!

どもっ、きくしです(^^ゞ

自分が「せどり」を始めた頃、簡単に利益の出る商品を見つけることは出来ませんでした。

色々な人のブログやメルマガで情報を得ていたんですが、「○○は簡単に利益の出る商品が見つかる」とか「△△は仕入れ放題だ」とかって言葉を多く目にしました。

そして、こういう言葉を鵜呑みにして、仕入れることが出来ない自分に無力さを感じていました。

ただ、今になって思うと「情報発信者の過剰な表現に踊らされていた」だけなんですよね^^;

同じ○○という店でも地域差があるし、同じ△△という店でも値付けが異なる場合があります。

「仕入れ対象の商品が、いくらでも取れる店舗」と「仕入れ対象の商品が、取れたことのある店舗」では意味合いが大きく異なりますからね。

情報発信者という立場上、自分を大きく見せようとする気持ちは分かります。

でも、その情報によって「誰かの人生が変わるかもしれない」というのは忘れるべきではないと思います。

自分も無力さを感じた当時は「せどりが稼げるなんて嘘なんじゃないか?」と思いましたからね^^;

地道に努力すればという言葉が付きますが、「せどり」は稼ぎやすいビジネスだと言えるでしょう。

他のビジネスモデルと比較すると特にそう感じます。

だけど、簡単だとは思わないし、破産などのリスクも当然あります。

自分も「せどり」の情報を発信してる人間として、過大な表現や勘違いさせてしまう言葉は控えようと肝に銘じています。

20161212 kikushi. 50.


↓1日1ポチで応援お願い致しますm(__)m
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

コメントを残す

このページの先頭へ